うんちゃんのブログ

いろいろなこと語ってます

男子大学長距離界のお話

箱根駅伝で2年前に堂々の完全優勝を果たし、一気にその名を轟かせ、今年は大学駅伝三冠、箱根駅伝3連覇した青山学院大学

さてはて。今年は一体どうなのか?

そんなことを考えてます笑


今年度の青山学院は大学駅伝三冠を取れるかどうかは別として、箱根駅伝に関しては優勝する可能性が高いかなぁと思います。

ただ、今年までは余裕がある気がしますが、その後は厳しいような気もします。

実は先日行われた大学生個人選手権を見に行ったんですが、青山学院は5000mで相当な人数を出していました。3分の2以上は青山学院の生徒さんだったので、青山学院の選手の誰かが優勝するかな?と思っていました。

しかし、5000m1組は東洋大学の中村選手が優勝。

そして、5000m2組は箱根駅伝出場選手がこぞって参加していましたが、その中で東海大2年の坂口選手が優勝しました。

中盤まで団子状態でレースが進み、その中で途中、青山学院の田村和希選手が飛び出しますが、青山学院の小野田選手、橋詰選手、東海の坂口選手が前に出て、徐々に田村選手が遅れ始め、東海の館沢選手にも交わされてしまいます。一方、先頭では三選手が優勝争い。橋詰選手がゴール直前まで引っ張っていましたが、最後の最後に坂口選手が前に出て優勝。実は今回のレース、東海大は關選手、鬼塚選手、松尾選手など有力候補が出れなかったんです。私は出場した選手の中では館澤選手が好走するかなと思ってました。前日の1500mで優勝していたので。しかし、坂口選手は凄かった。青山学院の今季、好調を保ち続けている2人を先行したのだから。

東海大の2年生といえば、關選手、鬼塚選手、館澤選手でしたが、坂口選手も存在感を示しましたね!やはりアメリカ留学の成果ですかね?

今年の大学駅伝で優勝候補は

出雲駅伝東海大、青山学院、

全日本大学駅伝→青山学院、山梨学院、

箱根駅伝→青山学院、順天堂大学駒沢大学


一応、こんな感じかな…。

出雲駅伝はスピード力では青山学院より東海大の選手の方があるような気がします。特に昨年の出雲駅伝東海大は5区までは先行していましたし、最終区まではいい流れでした。今年の青山学院には最後に一色のような絶対的なエースがいないと考えると、東海大の優勝は見えてくるかな。あとは山梨学院です。昨年の出雲駅伝全日本大学駅伝で強さを見せましたが、箱根駅伝では、まさかのシード落ち…。出雲駅伝で優勝候補かなとか思ったんですけど、箱根駅伝の予選会が控えてるので、優勝候補から外しました。ただ、今年は昨年以上に接戦になると予想できます!

全日本大学駅伝は青山学院以外、あまり浮かばなかったんですが、一応ここで山梨学院を。ニャイロ選手がアンカーにいるので、下級生がしっかり走れれば、優勝はあるかな、と。そして、箱根駅伝ですが、駒沢大学に関しては、ハーフの記録が良い選手が多く、立川ハーフでも、2、3、4位と上位独占していましたので、長い距離に強いと思いますし、今年の三年生が力をつけてきてるので、ますます勢いがあります。順天堂大学はエース塩尻選手が上級生に上がり、今まで以上にまとまりのあるチームになると思います。それぞれの学年に強さを持つ選手がおり、バランスの取れたチームだと思います。個人的には東海大推したいのですが、エース格の選手たちがまだ2年生なので、箱根駅伝で優勝争いに食い込むのは来年度以降かなといった感じです。


ただ、箱根駅伝に関して言えば、3連覇したチームは必ず4連覇してます。

…そう、このジンクス通り行けば、来年度も青山学院の優勝です。ただ、それではファンとしても、他のチームの選手、関係者からしても面白くありません!なので、このジンクスを崩すような強力なライバルが現れて欲しいです。