うんちゃんのブログ

いろいろなこと語ってます

東海大学、優勝!!!

はい!!東海大学優勝おめでとうございます!!

とにかく順位予想外れまくりましたね笑

ある意味、外れて嬉しいですね!

青山学院の黄金時代が、ひとつ終わりを迎えたような感じがしますね…。

昨年も東海大学は優勝候補でしたが、5区で逆転を許してしまいましたが、今年は大差での優勝…!やはり流石ですね。黄金世代の2年生と呼ばれていますが、2年生の強い選手がゾロッと入部して黄金世代となりましたが、これは、どの学年でも言える訳ではありません。2015年の都大路1区の記録、そして5000mのタイムが例年よりも良かった。そういう特別速い世代の上位組が入ったからこその黄金世代ですからね。やはり、彼らの強さは化け物級です。

全日本大学駅伝箱根駅伝も優勝争いに東海大学、絡みそうですが、やはり、この2つの駅伝に関しては青山学院大学が獲りそうな感じがしますが、東海大学が粘っていってほしいですね!

今回の出雲駅伝を1区から振り返りましょう!

1区、ここで勝負はほとんど決まってしまったような気がします。1区で阪口選手が青山学院の梶谷選手を38秒も突き放し、振り切ったというのが凄いです!阪口選手が前に出て、神奈川大学の山藤選手とは僅差でしたが、他の大学を引き離すラストスパートは見事でした。そして、岐阜経済大学の選手…。本当にあの状況でカメラを映すだけという某テレビ局には怒りを覚えます。監督車もないので監督も何も出来ないというが辛いですね。

2区の繋ぎの区間であるにも関わらず強い選手を置いた青山学院と東海大学が強さを見せましたね。とくに青山学院の田村選手が、あの気候の中で区間新記録を塗り替える走りは本当に圧巻でしたね…!!

そして、エース区間3区に青山学院の下田選手と順天堂大学塩尻選手。そして、東洋の山本選手。この塩尻選手と山本選手の怒涛の追い上げは見応えがありました。ただ、下田選手が東海大学の松尾選手を引き離せ無かったのが青山学院の誤算ですね。あそこで10秒以上引き離していたら、また違った展開になっていたでしょう。

4区は、この区間に配置されることはなさそうな鬼塚選手。この区間配置ということは鬼塚選手は本調子ではない…?という見方も私を含め、多くの人が憶測していましたが、両角監督が鬼塚選手はジョーカーだと明かしていました。東海大学は3区で粘って、4区で引き離す算段で来ました。これは結構、見事な区間配置だったのではないのですか?小野田選手が、ここで14秒も引き離されてしまったという、この時点で勝負は完全に東海大学の流れへと向かっていました。

5区の三上選手と神林選手の唯一の上級生vs唯一の下級生という、この構図。青山学院は下級生は、この神林選手しかいなかったんです。逆に東海大学は唯一の上級生という…。来年度以降の出雲駅伝東海大学時代になるのでは、と予感させられますね。そして、この対決は三上選手に軍杯が上がりました。5区の終了時点で原監督は同時にスタート出来れば…と言っていましたが、38秒差というキツイ展開に。この時点で勝負は、もう着いていました。

6区は、東海大学のエース關選手と今季絶好調の橋詰選手。關選手は今季28分23秒の自己ベストの更新があり、好調を見せていました。ただ、前半二キロ過ぎで關選手は15秒まで詰められます。關選手が想像以上に遅いスピードだったので、まさかの逆転か!?と思ったのですが、出雲大社の前で關選手がスピードを上げると橋詰選手は着いてこれず、最終的には歴代2位の大差、1分31秒差をつけてゴール。この結果を見ると全日本大学駅伝も楽しみになってきました!!僅差ではなく、大差で青山学院に勝利したというのは結構大きいですね!今後が楽しみになってきました!!

アンカーの關選手という安心感、そして鬼塚選手と阪口選手の走りが優勝を呼んだのでしょう。今回の駅伝で一番感じたのは流れですね。流れを呼び寄せられたチームが優勝するのだと改めて感じました。今後は流れを作れるチームが勝つのではないかと思います!実力が拮抗して、青山学院一強時代から、戦国駅伝の時代に突入してきそうな予感がします!!!


出雲駅伝、直前予想

さぁ!やってまいりました、出雲駅伝!!

学駅伝初戦ですね!

私はついに夢にまで箱根駅伝が出てしまいました…!本当に楽しみです!

さて、今年の出雲駅伝区間エントリーが発表されました!f:id:yumeno1214:20171009110325p:plain


こんな感じです!

優勝候補筆頭の青山学院は、

1区→梶谷選手

2区→田村選手

3区→下田選手

4区→小野田選手

5区→神林選手

6区→橋詰選手


いや、何が予想外かって、6区の橋詰選手ですね!まさかの初大学駅伝でアンカーという大役!!

逆転の出雲とまで言われる、この駅伝で青山学院は前半勝負の布陣でやってきました!ただ、前半はダブルエースで盤石の体制ですが、後半も小野田選手と橋詰選手の調子の良い2人を持ってきました。今年安定して、レースをほとんど外してない2人ですね。後半にも安定感ある2人ということで、やはり王者は抜け目無いですね…。流石です。

1区の梶谷選手も箱根同様、トップから離されなければ優勝は見えてきます!!


そして、王者青山学院のライバル筆頭の東海大学は、

1区→阪口選手

2区→館澤選手

3区→松尾選手

4区→鬼塚選手

5区→三上選手

6区→關選手


2年生を5人持ってきましたね。やはり黄金世代の勢いが必須になるでしょう。阪口選手が1区で青山学院を先行、できれば10秒以上、差をつければ館澤選手が昨年の出雲同様粘り、3区の松尾選手が引き離されても、下田選手に食らいつき、4区鬼塚選手が逆転し、5区の三上選手が少しでも引き離し、6区の關選手が完全に引き離す…みたいな理想の走りが出来れば優勝できるような気がします。

東海大学が一番の推し大学なのですが、前半区間で、どれだけ粘れるか、そして關選手がどれだけ引き離せるのか。つなぎの区間である4区に鬼塚選手を送り出すというのが、不調だからなのか、それとも好調で、あえてこうなのか。ここも勝負の分け目だと思います。

5000mの平均タイムがトップの東海大学!ここで勝負出来なければ、黄金時代の到来は無いと言い切られてしまいます。



ということで、あと1時間半で始まりますが、順位予想をさせていただきます!



1位→青山学院大学

2位→東海大学

3位→中央学院大学

4位→神奈川大学

5位→日本体育大学

6位→駒沢大学

7位→早稲田大学

8位→順天堂大学

9位→東洋大学

10位→法政大学


こんな感じで予想させていただきました!

優勝は青山学院かな、と思います。

ただ、ここで青山学院に出雲を勝たせてしまうと2年連続三冠になってしまうので、他の大学に頑張ってほしいです…。ほんとうに…!

しかし、青山学院の選手層の厚さは異様です。まあ、東海大学も負けていないですが。

この出雲駅伝が今年の大学駅伝の今後が分かる大事な大会です!!

優勝校だけでなく、2位以下の順位も注目したいですね!

男子大学長距離界のお話

箱根駅伝で2年前に堂々の完全優勝を果たし、一気にその名を轟かせ、今年は大学駅伝三冠、箱根駅伝3連覇した青山学院大学

さてはて。今年は一体どうなのか?

そんなことを考えてます笑


今年度の青山学院は大学駅伝三冠を取れるかどうかは別として、箱根駅伝に関しては優勝する可能性が高いかなぁと思います。

ただ、今年までは余裕がある気がしますが、その後は厳しいような気もします。

実は先日行われた大学生個人選手権を見に行ったんですが、青山学院は5000mで相当な人数を出していました。3分の2以上は青山学院の生徒さんだったので、青山学院の選手の誰かが優勝するかな?と思っていました。

しかし、5000m1組は東洋大学の中村選手が優勝。

そして、5000m2組は箱根駅伝出場選手がこぞって参加していましたが、その中で東海大2年の坂口選手が優勝しました。

中盤まで団子状態でレースが進み、その中で途中、青山学院の田村和希選手が飛び出しますが、青山学院の小野田選手、橋詰選手、東海の坂口選手が前に出て、徐々に田村選手が遅れ始め、東海の館沢選手にも交わされてしまいます。一方、先頭では三選手が優勝争い。橋詰選手がゴール直前まで引っ張っていましたが、最後の最後に坂口選手が前に出て優勝。実は今回のレース、東海大は關選手、鬼塚選手、松尾選手など有力候補が出れなかったんです。私は出場した選手の中では館澤選手が好走するかなと思ってました。前日の1500mで優勝していたので。しかし、坂口選手は凄かった。青山学院の今季、好調を保ち続けている2人を先行したのだから。

東海大の2年生といえば、關選手、鬼塚選手、館澤選手でしたが、坂口選手も存在感を示しましたね!やはりアメリカ留学の成果ですかね?

今年の大学駅伝で優勝候補は

出雲駅伝東海大、青山学院、

全日本大学駅伝→青山学院、山梨学院、

箱根駅伝→青山学院、順天堂大学駒沢大学


一応、こんな感じかな…。

出雲駅伝はスピード力では青山学院より東海大の選手の方があるような気がします。特に昨年の出雲駅伝東海大は5区までは先行していましたし、最終区まではいい流れでした。今年の青山学院には最後に一色のような絶対的なエースがいないと考えると、東海大の優勝は見えてくるかな。あとは山梨学院です。昨年の出雲駅伝全日本大学駅伝で強さを見せましたが、箱根駅伝では、まさかのシード落ち…。出雲駅伝で優勝候補かなとか思ったんですけど、箱根駅伝の予選会が控えてるので、優勝候補から外しました。ただ、今年は昨年以上に接戦になると予想できます!

全日本大学駅伝は青山学院以外、あまり浮かばなかったんですが、一応ここで山梨学院を。ニャイロ選手がアンカーにいるので、下級生がしっかり走れれば、優勝はあるかな、と。そして、箱根駅伝ですが、駒沢大学に関しては、ハーフの記録が良い選手が多く、立川ハーフでも、2、3、4位と上位独占していましたので、長い距離に強いと思いますし、今年の三年生が力をつけてきてるので、ますます勢いがあります。順天堂大学はエース塩尻選手が上級生に上がり、今まで以上にまとまりのあるチームになると思います。それぞれの学年に強さを持つ選手がおり、バランスの取れたチームだと思います。個人的には東海大推したいのですが、エース格の選手たちがまだ2年生なので、箱根駅伝で優勝争いに食い込むのは来年度以降かなといった感じです。


ただ、箱根駅伝に関して言えば、3連覇したチームは必ず4連覇してます。

…そう、このジンクス通り行けば、来年度も青山学院の優勝です。ただ、それではファンとしても、他のチームの選手、関係者からしても面白くありません!なので、このジンクスを崩すような強力なライバルが現れて欲しいです。